http://www.api-magazine.com
インドネシア・ポップス > バックナンバー
インドネシア・ポップス
インドネシア・ポップス(I-POPS)の素晴らしさをもっと日本の皆様に知ってもらいたい!!バリ島やインドネシアと聞くとすぐに「ガムラン」「ジェゴグ」などの伝統芸能を思い出しがちですが、こちらの音楽文化はそれだけではありません。「アピ・マガジン」はこちらの若者の間で流行っている「インドネシア・ポップス」にフォーカスし、毎号アーティスト紹介や新譜紹介をしていきます。ぜひバリ島やインドネシアに来たときには、インドネシアのアーティスト達の音楽CDを購入し聴いてみてください。また新しい発見がありますよ。(言葉の勉強になるかも!?)
● ● ● ● ● ● ● ● i-pops listener ● ● ● ● ● ● ● ●
 
ホソルダ・スギアルト
ホソルダ・スギアルト   蓮次郎子 蓮次郎子   キャンディー・甲山 キャンディー・甲山
インドネシア音楽、
特にダンドゥットに傾倒する
アピ編集部・山の親父。
突っ込みどころ満載な
インドネシアの芸能ゴシップ好きの
オンチェ命ミーハーメタボ主婦。
Iインドネシア無宿、
東京では引きこもりの中年男。
近頃年のせいか早起きになりました。
バックナンバー
  Vol.22ーGIGI(ギギ)ーインドネシア・ロックのメンストリームの頂点を走り続けるベテランロックバンド。疾走するロック魂!
Vol.21ーJoni Agung &Double T(ジョニ・アグン&ダブル・ティー)ード迫力のゴッドファーザーJoni Agung率いるバリ語本格レゲエバンド
Vol.20ーLolot(ロロット)ーバリ発オルタナティブロックを標榜し続けるバリ島ローカルのカリスマバンド
Vol.19ーKaton Bagaskara(カトン・バガスカラ)ーKla Project 、ソロシンガー、プロデューサーと、幅広く活躍する多才なアーティスト
Vol.18ーRatu(ラトゥ)ー覚えやすいキャッチーなエレクトロニックサウンドと“エロかわいい”ルックスで、2006年の話題をさらった女性デュオ。
Vol.17ーインドネシア・ポップス年末総集編
Vol.16ーToo Phat(トゥーファット)ー今回はアセアン編!マレーシアで人気のヒップホップデュオ
Vol.15ーanggun(アングン)ー日本からフランスへ拠点を移し、日本を含む世界デビューした実力派シンガー
Vol.14ーnutral(ヌトラル)ーインドネシアを代表するオルタナ系ロックバンド
Vol.13ーBarawan(バラワン)ーガムラン音楽とジャズを融合させた新しいジャンルの音楽ユニット
Vol.12ーJamaica Cafe(ジャマイカ・カフェ)ー大学の同級生により結成された、6人組アカペラ(無伴奏)コーラスグループ
Vol.11ーインドネシア・ポップス年末総集編
Vol.10ーAli Lasso (アリ・ラッソ)ー少年のような若々しさと繊細な美しさを合わせもつ独特のハイトーンボイスのな実力派ソロシンガー
Vol.9ーMocca(モカ)ースウェディッシュな雰囲気のインディーズシーンから一挙に世界デビューした異色のバンド
Vol.8ーChrisye(クリシェ)ー老若男女問わず幅広いファン層を持つ国民的シンガー。本格的なソロデビューから27年の大御所
Vol.7ーPeterpan(ピーターパン)ー街中で、ラジオで、テレビで、ピーターパンの曲を耳にしない日はないほど大流行中の超人気バンド
Vol.6ーSlank(スランク)ーメンバー全員がローリング・ストーンズ好きとあって、スピード感あるロックンロールが真骨頂
Vol.5ーDewa(デワ)ー出すアルバム、メンバーの動向、ありとあらゆることが話題になるインドネシアを代表する超メジャーロックバンド
Vol.4ーMarcell(マルセル)ー日本の平井堅を彷佛とさせる透明感のある歌声と、すっきりとクールなルックスが魅力の実力派シンガー
Vol.3ー Iwan Fals(イワン・ファルス)ープガメン(ストリート・ミュージシャン)出身のカリスマ的人気を持つ反体制シンガー&ソングライター
Vol.2ー PADI(パディ)ーずば抜けた歌唱力や、演奏テクを持ちながらも、控えめでシンプルにまとめられたPADI独特の音世界
Vol.1ーJamrud(ジャムルッド)ーインドネシアの中で知識人からワルンの店員や村の青年団のお兄ちゃん達までが聴いている国民的ロックバンド
 
アピ・マガジンに関するお問い合わせはこちらまで / Copyright (C) 2007 Api-magazine All Rights reserved